LIFE.LOVE...

愛してると囁いて

役目

あれから…




職安に付き添い←子供かよ!




面接の為にスーツを新調。。





礼服しか持ってなかった(それもサイズが合わず、袖は短いし…前閉じないし…)





彼もお母さんも気にしないタイプ。。。






何から何まで用意して、段取りしていた。





面接は2社受けて1社は即採用になった♪





採用の電話をもらった時は、偶然にも神社詣りするために駐車場に車を止めた瞬間だった。





そこは商売の神様の神社…






ご利益だと思う。





彼「凄くない?運命かな?」





私「神様が応援してくれているんだね~」





彼は3年ぶりに社会人として歩き出した。




毎朝、私の作ったお弁当をもって出勤。




少しずつ仕事にも慣れたよう…





彼は17時過ぎには帰宅する。






私は毎日20時はゆうに過ぎてしまう…





いつもなにも食べずに待っていてくれる…





申し訳ない…






遅くなることを告げていても待っていてくれる。






これが彼の優しさなのかも。






しかし!帰ってから、洗い物、翌日のお弁当の準備、洗濯などやることは満載な私(笑)





まぁ、苦痛ではないからいいけどね。





毎日仕事の話をしてくる。失敗したこと、嬉しかったこと。





彼が社会復帰できてよかった。





今月彼の書いた本が出来上がり夏に発売されます。




この本のために私は彼をサポートしていた。




そろそろ私の役目は終わりかな?




以前彼は「将来おかんに孫を抱かせたいし、俺も自分の子供に音楽を残したい」と言っていた。









彼の次の願いを叶えてあげたい。






前にも書いたけど私には叶えるのが難しい…






もっと早く出会えていたなら…





今日彼に告げます。






「貴方が大切だから私が離れた方がいい。一緒に居たいけど、貴方に子供を抱かせてあげるのは次の女性に託すね。」





泣かずに言えるかな。





ブログの文面だけで涙がこぼれてしまう…







Yくん





出会ってくれてありがとう。





一緒に笑ってくれてありがとう。





いっぱい思い出作ってくれてありがとう。





愛してます。





幸せになってね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。