LIFE.LOVE...

愛してると囁いて

無断外泊

「朝ごはん過ぎて昼になってるー」



彼はずっと話続けながら時刻に驚いていた。




私は彼の体から離れて起き上がったら、脳がクラクラする感覚に襲われた。




彼から離れたくないからなのか、夜から一度もトイレにいかず彼にくっついていた。




トイレも忘れ、水分すらとらずに密着。。。






永遠に続けばいいのに…








私達は身仕度を整えファミレスへ向かった。






彼はノンアルコールビール





私はバニラアイス





二人とも食欲がないけど、一緒に居たいからとりあえず注文。





彼は24時間以上話続けていた事になるなぁ…





彼の話につまらないと感じることは一切ないのが不思議。




好きだからなのかな?彼の会話は私にとってどんな映画や小説よりもおもしろい。








彼と別れたのは16時前。





最高に長くて幸せだった一日。






さて、主人からのLINEを開いて見た私。





主人キレて私を閉め出していたみたい。




だよね。結婚して初めての無断外泊。





だけど、昼過ぎのLINEには




「帰ってきたらご飯炊いといたから食べて。」





主人は優しいのか?バカなのか?





それとも見て見ぬふりをしているのか…









夜顔を会わせた主人は








「どこ行ってたの?心配したんやけど。。」











それ以上の追求はなかった。











そのかわり私が「閉め出されたのでしばらく話したくない」と返事をした。













本当は嘘をつく自信がないから防御しただけ。










主人は








「ごめん。あんなこともうしないから。」









と謝ってきた。










あなたの妻は他の男に体も心も奪われているのになぜ気づかないのですか?











×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。