LIFE.LOVE...

セフレから彼女へ

本音

彼は一度も私の事を「好き、愛している」とは言ったことはない。





そんな気持ちがないと言うことも理解しているつもり…






たんなるセフレ…





割きりやデリヘルみたいに高額支払わなくてもいい。





ランチして、出掛けて、やれる女。






彼は元カノを「ダッチワイフ、オナホール、やりたいときに呼びつける」と言う。





今の彼女…結婚したいが今は腹が立つから連絡していない。






彼は女を甘く見ているところがある…





いつかまた痛い目にあうかもしれない…





きっと傷つく目にあうだろう…






もし、その時私が彼とまだ関係があれば助けるだろうな。。





私は彼の中にある小さな少年の心が虚勢をはり、その歪んだ感情が女性を性の道具と認識していると思っている。






人間自分にないものにひかれるとはよく言ったもの…










もし、神様がいるのならば彼の心を私にください。









これ以上彼が女性を傷つけないように…









もう一度女に人生を狂わせられないように…








私が彼を支えて彼の人生を豊かに導けるようそばにいたい…








彼に聞いてみたい「私の事どう思って逢っているの?」と。





いくら女を性欲処理と思っている男でも、気持ちがなければ堅くならないよね?




キスなんて出来ないよね?





といつも自分に都合の良いように考えている自分に涙が出る。。







この先彼の人生に私が大切な人だと言われるようになりたい…









皆様にオススメ本紹介しますね。






一人の男の半生を描いた実話です。





1度だけでなく、2度、3度と読み返す度に味わいが深くなる本です。





作品名「LIFE.LOVE.RIGRET」




著者名 hell-guchi




出版社 文芸社






こちら










×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。