LIFE.LOVE...

セフレから彼女へ

お茶

彼女の住む町に行ってから数日間彼は忙しくて、LINEでのやり取りは短めに済ませていた。







おはようとおやすみは必ずしていた。






次の約束まで1週間。





私「逢いたいと素直に思っているよ。」






彼「後4日だよ(^^)」





いつも逢いたいというと必ずこうやって返信がくる。






毎日でも逢いたいんですけどー!!






私「明日お茶だけでもしない?」






彼「15時くらいからなら大丈夫だよ。」





私「やったー!言ってみて良かった♪」





彼「じゃあ、いつもの場所ね。」






お茶だけだから、現地集合でいいのに。。





まぁ、彼の車に乗れるからいいかな♪





12回目の待ち合わせの場所。





近くのファミレスで彼とお喋り。





休日のファミレスなんて、知り合いに目撃される確率高いけど気にならない。





3時間の幸せな時間…





彼に触れることも、キスすることも出来ないけれど心は満たされた。






帰宅したら主人が



「どこに行ってたの?」





私「スタバ」





主人「自分だけずるいー」




私「マック買ってあげるから静かにして。」





主人「本当?やった~」







単純な人だと楽だなぁ…






彼との事がバレても主人はマックで黙るかな?






できれば黙って私を自由にしてほしい……





その日の夜も主人の後ろで彼とLINEをしていた。




私「今日は逢えて嬉しかった。そういえば、占いの先生が私が貴方に癒しを与えてると言ってたけどどうかな?」





彼「心強いよ。」





私「癒されてるって聞いてるんですけど~」






彼「癒されてるよ」





半ば強引に言わせたような感じ…





でも、画面を見ながら笑顔になる自分がいる。






あの日彼にもう一度チャンスをくださいとLINEしなければ、今の私は何をしていたのかな……

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。