LIFE.LOVE...

セフレから彼女へ

すすき…つづき

その日は中秋の名月。





夕焼けの向かい側にポッカリとお月様。





ほんの少し欠けているけど…





いつも彼とはこの時間ホテルの中で、イチャイチャしているから夕焼けを見るのは初めて♪






地元に戻るにつれて、辺りは暗くなるけど空には綺麗なお月様。




私「お月様きれいだね~」




彼「本当だね~中秋の名月の日にすすきもみれたし、今日は楽しかったね。」





楽しかった?あれ?今日はこのまま帰るのかな?





今日はイチャイチャしないのかな…






最近体調悪いのかな…





お月様を見ているうちに気づけば地元。






待ち合わせの場所を通過して、彼はいつものコンビニに車を止めた。





彼「何がほしい?」





私「お茶~」





コンビニに消えていく、彼の後ろ姿をみつめながら笑みが(笑)







やった~今日も彼とイチャイチャできる♪





買い物を終えた彼が戻ってきた。





ホテルに到着して車を降りると夜風が冷たくなっていた…






彼と出会ったのはまだ暑くてセミが鳴いていた…






今では秋の虫達が鳴いている…






~いつも来ていただきありがとうございます♪~

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。