LIFE.LOVE...

セフレから彼女へ

ハプニング…つづき

彼が戻ってきた。




彼「ふざけんなよ。オカンに帰って来いって言われたけど断った。なんで、顔も知らない奴の通夜に俺が行かなくちゃいけないんだ!」





彼は予定を崩されるのが大嫌い。




ましてや、これからホテルというタイミング。。





ホテルにつくまで彼は延々と愚痴っていた。





彼の素の顔が見れて嫌ではなかった。




ホテルの部屋に入って彼とおしゃべりタイム。





チラチラ時計を見る彼。





気になるなら帰ればいいのに(笑)





彼「よし!もう通夜に行った頃だろう。」




そういいながら服を脱ぎ、私の横へ…





イチャイチャタイムスタート!




さっきのイライラもなくなり、二人とも相変わらず電気も消さず乱れていく。




イチャイチャしたあとのまったりタイム短め(笑)




なんだかんだ文句を言いつつ、家が気になる彼。





私は彼の自宅やご近所が見れてラッキーだったなぁ(* ´ ▽ ` *)




彼の自宅の前には銀杏の木が少し色づいていた。




もう一度あの木を見に行けたらいいなぁと思ってしまう…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。