LIFE.LOVE...

愛してると囁いて

彼女へ…

24回目のデートもマンション掃除。





この日は水回りを中心に掃除。





夕方には彼が実家で予定があるため、15時にはマンションをあとにした。




この日の昼に彼の実家にペアリングが届いた。




追跡で確認済み。




リングを取りに行き、コメダでお茶をしながら開封。





彼は右手の親指に願掛けではめた。





私は眺めるだけでつけなかった。





2日前の彼の「一応、彼女いるけどね…」が引っ掛かってた。




彼と別れる間際に私から切り出した。




私「リング嬉しいね♪」




彼「うん。」




私「嬉しいけど。。。昨日言ってたやん。好きやけど、一応彼女いるって…」




彼「うん。。。」





私「やっぱりまだあの人が彼女なん?」





彼「う。。。ん。。。いや。。なんていうか。」





私「そっか。あの人が彼女なら私はこのリングはつけられへんわ。彼女に悪いし。」




彼「えっ。。」





私「届いて嬉しいけど。。。やっぱりあかんわ。うちは彼女ではないやろ?」




彼「待って。。」




私「いや。今はっきりさせよう。あかんのなら、これつけへんだけやし。」





私「ダメ?」





彼「ちょっと時間頂戴。あとでLINEするから。。」





私「今はっきりさせよう。。ダメならかまへんし。」





彼「それは色々と…今すぐってのは…」





私「そっか。じゃあ残念やけどこれはつけない。えーよ。別に。」




暫く沈黙…






彼「よし!決めた。つけていいよ。」




私「えっ。。。」




彼「つけていいよ。」




私「つけていいって彼女としてやで?」






彼「うん。彼女として。」





私「ほんまに?つけてもいい?じゃあ指にはめてくれる?」





彼は左手薬指にはめてくれました。




私「武士に二言はない?」




彼「ない。大丈夫だよ。」





夜彼とのLINEで…




私「読み返したときの記念として言葉で伝えて」




彼「ペアリングしましょう」




私「付き合ってくださいでしょ~」




彼「付き合ってください」




私「仲良くしようね」




彼「はーい」




願いがかなった!




彼を手にいれた。大切にしよう。



心まで手に入れれたのかは不明だけど。。





絶対彼は手離さない。。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。