LIFE.LOVE...

愛してると囁いて

告白

彼はビールしか呑まない。




私は酎ハイ。。




私酔いだすと、チャンポンしはじめます。




途中から酔って記憶が…





だけど、彼に告げた。




私「ねぇ、これからも付き合っていくか、ここで切り捨てるか決めよう。はっきりしたいの!はっきりしないといけない状況なの!」




彼突然の事で驚いていた。




だよね。。。




彼「どうしたの?」




私「はっきりしようよ。」




彼「別れたくない。」




私「私が既婚者でも?」




彼「えっ?結婚してるの?」




私「うん。もうすぐ20年。。。」




彼「子供は?」





私「いない。」




私「だから、これ以上貴方をささえていく為にはっきりしたい。私の事好きじゃないでしょ?ビジネスパートナーにしか思ってないでしょ?」




彼「確かにそうだけど、今はわからない。。でも別れたくはない。」




私「私の人生背負う?切り捨てる?どっちか選んで。」





こう言えば彼が別れを選択しやすいと私は思って言った。。。




いきなり好きでもない女から、「人生背負え」と言われれば別れたくなるはず。







彼考えてた。。。




私は泣きながら訴えた。。






(早く別れを決断して!)





彼「わからない。。でも、別れたくない。手を離したくない。」






私の彼への気持ちが…





私「じゃあ、今のように一緒にいてくれる?」





離れたくない自分が出ちゃった。。。





彼「先の事はわからない。今はまだ仕事がちゃんと軌道に乗ってないから…りんの人生を軽々しくは言えない。でも、一緒にいるのはいいよ。」





結局私たちは今の関係を続ける選択をした。





私は自身の事を色々話した。




誰にも言えなかった事も彼には話した。




主人にさえ言わなかったことも。。。




気づいたら朝になっていた。





3時間後には主人の実家でタイヤ交換に行くのに。。





彼と寝室でSEXをした。





HではなくSEX





私かなりエロかったらしい…




彼が果てたあとに…




私「舐めたい…」



と彼のモノを舐めるおねだりをしたらしい…




今まで一度もしたことないのに。。。





彼「○○○掃除よかった」(後日談)





しかも2回戦もおねだりしたけど体力的にできず。。






そして、そのまま寝てしまった






目が覚めたとき時刻は主人との約束の時間を過ぎていた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。