LIFE.LOVE...

愛してると囁いて

やっと。。。

12月7日




この日は私の仕事終わりに彼とマンションで待ち合わせ。



お泊まりセットはあるけれど、彼の姿がない。





しばらくすると彼が戻ってきて一緒にお出かけ。




久々に神社巡り。





帰り道に遅めの昼食。




彼とマンション近くのスーパーで食材の買い物。



いつものように、お風呂に入って彼と晩酌。





はい…酔って記憶が欠落していますが





彼の携帯には女性の名前がズラリと入っている。




LINEにもズラリと入っている。





携帯をいつでもチェックできる代わりに消さない約束だった。





でもね。。。ワガママな私は再度彼に削除を求めた。




彼「いつでも携帯みる約束したじゃん!あれからなにもしてないじゃん!」




私「きれいに整理したい」




攻防戦を繰り広げた。





ネックレスと指輪をはずして彼に渡した。





私「もういい。帰る。女をとるならサヨナラするね。」



彼「待ってよ。つけてよ。。外さないで。」




ネックレスと指輪を私につけてきた。




彼頭を抱えて悩んでた。





そんなに悩むなら、別れたらいいのに。





貴方なら女に不自由しないから。。





彼にこんな態度がとれるのは、彼が私を好きになっているとこの日確信する事があったから。






彼は気づいていない。。。







今でも「わからない。人を好きになった事がないから。。経験がない。」という。







彼「じゃあ、連絡先をメモして消すのは?」





私「あまい!若い女の子とHしたいならそうすれば?私はもう逢わない。」





彼「わかった。」





そういうと彼は私を見つめたまま真顔になった。





あっ。地雷踏んだかな。。





もしかして、終わっちゃう…





涙が溢れてきた。。。




顔を背けて涙を拭った。。




彼は静かに立ち上がり席を離れた。





しまった。。終わりだ…








彼は充電器から携帯を外して私に手渡した。








彼「いいよ。消して。でも音楽友達は消さないでほしい。」





私「うん。わかった」





二人で携帯を眺めながら削除開始…





まずはLINEから。




身体だけで繋がっていた女etc.




20名近く削除。。




次は電話帳。



ザクザク削除。。




ついでにデリへる関係も削除。




私「ありがとう。好き。」





ソファーで彼に何度もキスをした。






彼「かなり酔ってるね。」




私「うん。」




彼「何が不安?」




私「魅力的な貴方が悪い。いつでも一緒にいたいんやもん。」





彼「あれから、毎日逢っているしこうやって泊まってるやん。不意に呼ばれても俺駆けつけてるやん」




私は答える代わりにキスをした。






その後彼と私はまたSEXをした。





もう、声なんて抑えない…




我慢せずに思いっきり感じたままを彼に伝えた…




私「入れて…」




彼に何度もイカされた。。





この日の彼…いつもより大量の白い液体を私の中に出した。。





溜まってたのね。。




3日ぶりだからね…



やっと彼の過去の女性を整理できた。





そして、私の携帯に登録されていたメンズも整理した。





彼がいれば私はそれでいい。





元カノ達のように彼を天秤なんかにかけたりしない。





彼の全てが好きだから…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。