LIFE.LOVE...

愛してると囁いて

離さないでね

12月9日


LINEで彼に翌日逢いたいと伝えた。



週明けから主人との旅行があり、どうしても彼に逢いたかった。



彼「来週の土曜日あえるから」



私「逢いたい」



彼「仕事に専念したい」



私「ダメ?」



彼「一回間開けよう。」



私「わかった」




翌日マンションの掃除と、彼が仲間とする忘年会の差し入れを買って準備した。




私から彼におはよーLINEしたら。。




彼がまさかの隣町にお出かけ。。



ちょっとまちなさい…仕事は?




その時知り合いから連絡が。




彼がデリヘルに予約を入れているって。。




彼にマンションの片付けをした事を敬語で送信。




彼「ありがとう。怒らないで。」




(この時彼は私が怒っているのは、昨夜私が逢いたいのに断ったからだと思ってた。)





私「なぜ怒ってるかわかる?」





彼「わからない。」





私「理由教えてあげる。LINE?電話?どっちがいい?」





彼「LINE」




プッちーん‼



私「もしもし」



彼「もしもし、はいはい。」



私「どこにいるの?」



彼「○○だよ。ブラブラしてる」



私「へぇ~寒い?」





彼「暖かいよ~♪」





私「ふーん。」





彼「なに?」





私「デリでしょ?」





彼「えっ?。。。」





私「あとからバレたらただではすまないからね」




彼「う。。ん。デリヘル。。」





私「わかってるよ。どうすんの?」





彼「え。。。うーん。。。」





私「どうすんの?って聞いてるでしょ?」






彼「うーん。。。」





私「帰ってくる?」





彼悩んでる。。馬鹿だ。。




私「戻っておいでよ(笑)」




彼「。。。うーん。。。」





私「マンションに戻ってきなさい」






30分後彼が来た。




彼「おはよう」



私「おはよー今はタバコ禁止。」




私「なにしてるの?」





彼「ごめんなさい。魔が差した。。もうしないから。。」





私「ムリムリ」






彼「本当にゆるして、ほら戻ってきたし」






なめてる…






私「許すとかいらないから。。別れよう。もういいよ。」





彼「え?待ってよ!別れたくない。マジでいやだ!」





私「貴方らしくないよ。今までの女は引き留めなかったやん。いつも通りに別れましょう。」






彼「りんは過去の女とは全く違う!大切な人なんだ!一緒にいたい!」






私「今さら無理。ごめんね。じゃあ仕事の相談は電話で乗ってあげる、だけど2度と逢わない。」




彼「待ってよ。逢って話したいときもあるやん。」






私「無理。逢わない。貴方が私の手を離した。」





彼「嫌だよ!待ってよ。。別れないよ」





私「嫌。もう裏切られるのはうんざりなの。」






彼「もう一度!もう一度…ラストチャンス下さい」





私「今まで何度もあげたけど、裏切ってきたじゃない。付き合って今日で一ヶ月、切りがいいから別れましょう」




私「貴方が私に本気になる前に別れましょう。その方が傷が浅いから…」





彼「マジでいやだ!いやなんだ!りんは大切な人なんだ!」






私「失ってから気づく事あるよね。。」





彼「こんなにサポートされた事もないし。。初めての経験ばかりだし。。。浮気や風俗で今まで怒られたこともないし。。。」



(歴代の彼女達の懐の広い事……)





彼震えてた。。





仕方ないよね。貴方が離したから…





私「これから、若い子と出逢えるよ。ちゃんとサポートしてくれる人が現れるから。」






彼「りんじゃなきゃいやだ!」






彼かなりごねてた。






私「ねぇ、別れる前に一回やらない?私たち偽りと遊びから始まった関係だから。」





彼の腕に抱きついてキスをした。





彼「Hしてもいいけど、別れないよ」






私「別れましょう。」






彼「いやだ。別れないで」





私「嫌。早く~最後に気持ちよくなって別れよう。これが大人の遊びでしょ?」






彼の手をひいて寝室に誘った。





裸で布団に入っても悲しく寂しげな顔をする彼。






私「早く、私早く帰らないと主人に怒られるから。」





彼「別れたくない。りんとずっと一緒にいたい!考え直して。。」






彼はいつも女から別れを言われてきた。





そして、去るもの追わずの精神。




むしろ女に「後悔しない?」なんて聞く余裕すらあった。




こんなに必死になった事はないからパニックになってた。



私「SEXなんていくらでも、お金出せばデリでも、割りきりでもあるじゃん。」




彼「別れたくない。」





私「後悔先に立たず。。失ってから初めて気づく事もあるよね。」







彼「本当に悪かった。別れないで。一緒にいてよ。」






私「貴方が手を離したから知らない。。」






このやり取りだけで2時間以上していた。






私も本気で別れるつもりはないけど、さすがにキレた。






彼「別れないでよ。。離れないで。。」






暫く沈黙の時間。。。






彼相変わらず震えてた…




またまた私の甘さが。。。




私「ねぇ、チャンス欲しいの?あとはないよ。」







彼「えっ?本当!!一緒にいてくれる?別れない?」





私「次はないから…」






彼「やったー!!別れないしもうしない!!離さない!!!」






めっちゃ可愛い顔で強く抱き締めてキスをしてきた。




激しく、何度もキスをしてきた。






いつもより激しく求められる身体…






キスマークも刻まれた。。






私の奥に彼の印が刻まれた。。






情事のあと、横でいつものようにタバコを吸い始めた彼。








何度も「良かった~ずっと傍にいてな。もう別れるなんて言わないで。」って。







貴方が悪さをしなければね。。。







この時点で主人からLINE16件、電話3件。






私「しばらく旅行で会えないから、もしかしたら帰ってきてから別れを言うかも。主人と仲直りするかもね。」






彼「そんな事いわないで!もうしない!別れたくない!不安になる!」






私「最後にぎゅーってして。」





彼いつもより強くホールドしてきた。





「良かった。別れられなくて。良かった。」






笑えちゃうほど繰り返してた…






私を離したくなかったんだね。。なかなか身体を離さず、キスをしてくるから。。






私「そろそろ行かないと。。時間ないから。。離して。」






最後にぎゅって強く抱きしめられた。






この夜彼は心労から体調を崩したみたい。






私を失う恐怖…






私は歴代の彼女達とは違う…






これが人を好きになると抱く恐怖…





これで自覚してくれるといいな。






彼は言った。






「りんは大切な人だ。今までの女とは違う。」






忘れないでね…その言葉。





貴方と私の縁はある人が結んだ縁だから…




大切にしていきましょう…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。