LIFE.LOVE...

愛してると囁いて

口づけ

お互い無言のまま。。。



なんだか恥ずかしくて目が合わせられない。




ゆっくりと彼の右手が服の上から、私の胸を触っている。




優しく触ってくれてるうちに、二人とも自然と唇を重ねていた。



優しくついばむようなキスから息が出来ないくらい激しいキス。



長くキスをしていた…



頭が痺れる快感…



いつの間にか彼の手は服の中に潜り込んでいた。



でも、彼のキスがよすぎて何度も求めてしまう。



「もっとキスして」



初めてこんな言葉を言った。。



「いいよ。いっぱいキスしよう」






何度も何度もキスをして、いつしか彼の息づかいですら私の性感帯を刺激する。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。