LIFE.LOVE...

セフレから彼女へ

快楽

何度もキスをお互いに求め頭がクラクラする快感。



彼の唇が首筋から乳房に降りていく…



裸を見られていく恥ずかしさに顔が紅潮していく。




彼は優しく私の身体を刺激していく…




主人とは全然違う。。。




彼がゆっくりと私の中に入ってきた。




初めて男性の腰の動きを、見ながら全身で感じていた。



快楽の波間に彼の顔を冷静に見つめている自分がいた。




彼の顔や頭に手を伸ばし全てを受け入れたくなってしまった。




彼が「イキそう…いい?出しても…」



「うん。いっぱい出して。。」







彼が果てた瞬間に私の奥にある女が震えた。







イキ過ぎて下半身が痺れて動けない。






彼が私の横で息を荒くしながら寝転がる。






暫く二人とも余韻に浸るしか出来ないくらいだった。。






私は彼の温かい液体が溢れつたう感覚をいとおしく感じていた…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。