LIFE.LOVE...

セフレから彼女へ

余韻

情事の後って気だるさが気持ちよくないですか?



私は気だるさの中にいるときに、彼のタバコの匂いが漂うのが好きです。




この時も彼はタバコを吸いながら音楽の話をしてくれた。



次はいつ逢えるかな?



そんなことを考えながら彼の話を聞いていた。




待ち合わせの場所に戻るときも彼の楽しい話は続いていた。




帰りたくない…この時間をもっと楽しみたい。




でも口にすることは出来なかった。




「おやすみ~気をつけて帰ってね」




この言葉だけ言えた。




家に戻った私に主人の第一声は





「タバコ臭い。友達吸うの?」






こんな日の時に使える架空の友達を主人に話している。



主人は決して疑わない。




まさか私が不倫しているなんて知らない。




テーブルをはさんで、笑顔で話を聞いている私が…




ついさっきまで他の男と一緒だったなんて疑う事はない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。