LIFE.LOVE...

愛してると囁いて

東京。。。③

ルイさんと彼は初対面だけど、二人とも人見知りをしない性格だった。




彼のマシンガントークをルイさんは見事キャッチしていた(笑)




楽しい宴もお店の閉店にて終了…




めっちゃ楽しかった~(^^)




また一緒に呑みたいな。。。




ルイさんと抱擁して別れたあとは、19歳のキャッチに捕まりお洒落なお店へ。



店員「カップルシートとテーブルどちらになさいますか?」




彼「どっちがいい?」





私「どっちでもいいよ」





彼「じゃあカップルシートで!!」





初めてカップルシートに座ってみた。





イチャイチャし放題やん!





と思ったけど、彼のエロトークが炸裂。。






隣のカップルが会話を止めて聞いているのがチラチラ見える。。





(やめてー私まで変態だと思われるやん。。)





どーして二人だとエロトークがパワーアップするんだろう。。





ドリンク二杯のんでタクシーでホテルへ。





部屋に荷物を置いて暫くトークタイム。




私がベッドでウトウトしかけていたら…





彼が全裸で部屋の照明を落として、腕枕をしてきた。






この時私は彼とやる気がなかった…






むしろ、一緒にいることさえ不愉快に思える事があった。。




数時間前に彼は居酒屋で呑んでいる時に、自分の携帯に送られたおもしろ画像を見せてきた。




そう彼は画像を見せたつもり…








しかし実際の画面には、LINEのポップがきて知らない女性からのメッセージがきていた。







血の気が引くのがわかった。







彼にとって私はセフレだと。







だから、彼に他に女がいても当たり前。







わかってたつもりだけど、心がざわつく…







だから彼を受け入れる気になれなかった。。







心はね。。。






身体は彼の息使いに反応して濡れてくるのがわかった。。




お酒のせいでいつもより感じる。。。





彼が突き上げてくる度に、声を殺すのが辛かった。。







ラブホじゃないから…








周りの部屋に聞こえてないかな。。






彼も私が声を殺しているのをわかっていながら、いつもより激しく突き上げてくる…




最後はたっぷりと中に彼のものを出されて身体は満足だった。。





でも、心の中では泣いていた…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。