LIFE.LOVE...

愛してると囁いて

トークとリング

18回目のデートは隣県にある神社。



前日に彼が調べてくれた。




LINEに送られてきたHPではめっちゃメルヘン♪




よく見つけたなぁ(笑)




いつものように待ち合わせ場所へ




彼「おはよう」




私「おはよう。ねぇーリングスケール持ってきた?」





彼「あー忘れた。。。帰りに取りに行こう」





私「もー。ぷーやわ。」




彼すぐに自宅に戻って箱を持ってきてくれた。




彼の家の前にある銀杏は、色が美しく映えていた。



あの日ブログでもう一度みたいと書いたけど、こんなにすぐには叶うなんて思わなかった。




神様ありがとう。。




銀杏から彼の自宅に視線を向けたら、窓からお母さんが顔を出して私を見ていた。




隠れれない。。。





とりあえず、笑顔で会釈をしてみた。




彼が戻ってきてすぐに車を発進。








到着してすぐに彼はトイレ。




私は建立に書いてある事柄を読んでいた。





彼「なに見てるの?」




私「ん?由来をみてるんだよ。」




彼「へぇ~この辺り金か好きだなぁ。金の字多いね。。。」



ふーんと聞きながら、( ゚д゚)ハッ!として彼を見たらニヤニヤ全開!




彼「金○、ゴールデン○ール(笑)」




私「こらー!こんなところでそれ言わない。」




周りにウォーキングしている人がいてもおかまいなし。



まるで小学生のようだ。




二人で戯れながら歩く道。。




神社は少し女性らしさを感じる所だった。




神社からは港が見えて、見晴らしがいい。




海風に少し辺りながら地元の喫茶店へ。




ここでしばし休憩。




彼「ラーメン食べに行こうよ」




私「いいよ。どこにする?」




彼「天下一品どう?嫌い?」




私「何年ぶりかな?行こっか!」




彼「よし!(笑)」




食事を済ませて、ホテルへ。。。




ホテルについて早速指のサイズの確認。




彼とどの指輪にするのか一緒に見ていたら…




彼「どれがいいの?」




私「うーん。いっぱいあるね。好みはどれ?」




彼「りんの好みは?選んでいいよ。」




私「じゃあ、この2個から選んで。」




彼「じゃあこっち。」



私「メッセージ入れれるから、何か考えて。」




彼はLINEで伝えてきた。




LINEで送られた言葉



彼の好きな言葉であり、大切にしている言葉。



この言葉は私以外誰も知らない。



以前彼に「彼女にも話していない。りんに話すのが初めてなんだ。」と言われた。




そんな言葉をリングに込めていいのかな?



私「ねぇ、この言葉刻印していいの?」




彼「いいよ。俺にとって今がこの言葉だから。」




その言葉はかなり深いです。



もしこれが愛の囁きならば昇天ものです。



でも、彼にはそのつもりはないと私は思うから、冷静になれる。




私「日付は?」




彼「いつにしよう?りんに任せるよ。」




私も日付は決めていた。




もし、彼女がみても知らない日にち。




私たち二人だけの日にち。




彼は「リング早くこないかな?」



会うたびに言ってくるし、楽しみにしているのが伝わってくる。








彼「19時か。。」





ベッドで寝転んでいる私に近づいて





彼「準備万端」と言いながらシャツをめくると、ベルト外れてる(笑)





トイレから戻ってきた彼次々と服を脱いで横にくる。




相変わらずトーク炸裂し21時前。。





そろそろおしゃべりもと思い…




私「チューしよう」←これが私達の始まりの合図です。






彼の唇が触れる寸前に着信音





慌てて転げ落ちる彼(笑)





相手は弟さん。




なにやらトラブルが終息したようだ。




この一件には私は彼にいくつかのアドバイスをした。




円満におさまるように。




彼も私のアドバイスを受け入れてくれて、感謝してくれた。




また二人でベッドでゴロゴロ。




彼「明日は仕事?」





私「うん。ゆっくりできるから大丈夫」




彼のトークで私がまた悶えくるしむと、彼は喜んで話が止まらなくなる。




なんだかムードもなくなり(笑)




彼「あっ。2時だ。。今日は帰るか?」




私「そうしよう。」




彼は自分の体験や考えを私にすべて伝えようとしてくれる。




だから、こんな日もあるのかしら?(笑)




彼とあった翌日は、笑いすぎて声がハスキーになってしまう。






皆様にオススメ本紹介しますね。






一人の男の半生を描いた実話です。





1度だけでなく、2度、3度と読み返す度に味わいが深くなる本です。





作品名「LIFE.LOVE.RIGRET」




著者名 hell-guchi




出版社 文芸社




こちら

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。