LIFE.LOVE...

愛してると囁いて

お弁当

3回目のデートは、山の中にある陶芸。




この日は私が朝からお弁当を作った。




事前に彼の好きな味付けや、おにぎりの具などはリサーチ済み。




彼女の手料理さえ食べたことないのに…





彼はいつも食事を美味しそうに食べる。




見ていると私の苦手な物でも美味しく見えてくる。




私のお弁当も「美味しい!」といいながらたくさん食べてくれた。




その笑顔だけで私はつかの間の幸せを感じていた…




この日も地元に戻っていつものホテル…




彼との情事は私は淫らになる。



彼の息だけで感じるし、彼とのキスは目を閉じない。




彼を見ていたい…




彼にキスマークをいつもつけてしまう。




マーキング



彼の汗や匂いも私にとっては官能的な刺激になる。




今までこんな事無かったのに。。。




この日も私は彼にマーキングを気がすむまでつけていた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。