LIFE.LOVE...

既婚者とセフレの関係

すすき…久々

部屋に入ってからいつものおしゃべりタイム。




(今日は最後まで出来るかな?……)





私「なんか背中が寒い。。お湯ためよ~」




彼「大丈夫?」




私「汗かいたからかな?大丈夫。」





私「お湯貯まったから、先にどうぞ~」





彼「うーん。俺はいいよ~」





私「ダーメ。二人とも汗かいてるから!」





彼「はーい。」





お風呂に入って、彼の待つベットへ。。。





腕枕をしてもらいクンクン






ん?。。。







お風呂に入っているから彼の匂いがない(*T^T)






ショック~。。。





ちょっぴり残念…





ゆっくりとキスをしてイチャイチャスタート。





(大丈夫かな?出来るかな?)








不安は一気に消えるほどの快感に満たされました♪






久々に彼の白い液体に満たされて幸せ。






相変わらずの量でシーツが冷たい(笑)






3週間ぶりのラストまでできた♪






凄く嬉しくて幸せ( *´艸`)










~いつも来ていただきありがとうございます~

すすき…つづき

その日は中秋の名月。





夕焼けの向かい側にポッカリとお月様。





ほんの少し欠けているけど…





いつも彼とはこの時間ホテルの中で、イチャイチャしているから夕焼けを見るのは初めて♪






地元に戻るにつれて、辺りは暗くなるけど空には綺麗なお月様。




私「お月様きれいだね~」




彼「本当だね~中秋の名月の日にすすきもみれたし、今日は楽しかったね。」





楽しかった?あれ?今日はこのまま帰るのかな?





今日はイチャイチャしないのかな…






最近体調悪いのかな…





お月様を見ているうちに気づけば地元。






待ち合わせの場所を通過して、彼はいつものコンビニに車を止めた。





彼「何がほしい?」





私「お茶~」





コンビニに消えていく、彼の後ろ姿をみつめながら笑みが(笑)







やった~今日も彼とイチャイチャできる♪





買い物を終えた彼が戻ってきた。





ホテルに到着して車を降りると夜風が冷たくなっていた…






彼と出会ったのはまだ暑くてセミが鳴いていた…






今では秋の虫達が鳴いている…






~いつも来ていただきありがとうございます♪~

すすき

13回目のデートはすすきを見に行った。





場所は彼にお任せ(^^)





いつものように彼のお喋りと音楽で楽しい車内。





何度かコンビニ休憩をはさみながら山道をいく。





途中案内板が不親切で道に迷いかけたけど、彼の機転で回避しながら目的地。







もうね!めちゃめちゃ綺麗な景観♪





すすきはまだ若いのも混ざってはいたけれど、青い空にすすきの金色が映える!





感動して息がとまりました(* ´ ▽ ` *)






彼のあとに続いて脇道へ。。。






すすきの草原を掻き分けながら歩く…






手を繋ぎたい。。






ヘタレなのでできず…(笑)






途中の小川に小魚発見!





思わずカメラでパシャリ。






先を歩いていた彼が立ち止まって私を見ていた。





私「見てみて~魚がいるよ~」




彼「本当?あっ本当だね!」






私の横にきて川をのぞく彼に、さりげなくピタッとくっつく。。






もう。。。心拍数測定不可能(笑)





でも、それ以上は無理(笑)






またゆっくりと歩みを進めて駐車場へ







私「空も綺麗ですすきもさわさわ綺麗だね~」





彼「うん。めちゃめちゃ綺麗。ここで音楽イベントあったら最高だろうなぁ。」






私「ロケーション文句なしだもんね♪」






こんな会話を帰りの車で話していた。






彼「途中神社によって行こう」





私「うん。」






ひっそりと村の外れにある神社。








しかし、本殿は山の上。。。





歩いて10分程度だろうけど…






私は鳥居で待ってると告げて彼だけ登ってもらった(笑)






駐車場から鳥居までもかなり歩いたので(-""-;)






木々から漏れ落ちる光の中で彼の戻って来るのを待っていた。






息をきらせつつ戻ってきた。







よく頑張ったと労いながら駐車場まで、喋りながら歩いた。