LIFE.LOVE...

愛してると囁いて

向日葵

彼と約束した朝。



ドキドキとワクワクに私は久々に本気メイクをした。



普段はノーメイクで過ごしています。



約束の時間より少し早くついたけど、彼はすでに待っていた。



「おはよー」



これが二人の初めての言葉だった。



彼はサングラスをかけて、ちょいワル系な出で立ち。



声は私の好きな低めの渋い感じ。



第一印象は見た目より真面目なギャップがいい感じ。




目的地までのドライブ、彼のトークでとても楽しく感じた。



家族の話、音楽の話…



彼は引き出しをいっぱい持っていた。



彼が案内してくれたのは、小さな向日葵達がいっぱい咲いていた所だった。



家族連れやカップルなど賑やかな向日葵畑。



きっと傍目から見れば私たちもその一部だろう。



まさか、不倫だとは思っていないでしょう。



帰り道も彼との話がつきる事がなく地元まで戻ってきた。





時刻は夕方の4時だった…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。