LIFE.LOVE...

愛してると囁いて

変化

先週末からバタバタ。。。





前から言うように彼は働いていない。




預金残高も残り少ないのにどうするのかと思ってた。





彼「やばい!どうしよう。。」




今さら?バカですか?





私「もう働かないとね。」







彼「とりあえず月末までに金がいる。渡してある預金おろしてよ。」





私「あのお金を使うときは弟さんの許可が必要でしょ?」





彼「後から伝えておく」




揉めたけど結局弟さんに来てもらって話し合うことになった。







彼「話し合いには同席してね」





そう、彼は家族との大切な話し合いに私を同席させたがる。





その方がうまく行くから…





私「今回は二人で話したら?私は彼女であっても嫁じゃないから…立場的に無理。もし同席させるならそのつもりで頼んでね。」




とLINEで返事をした。





彼は「うん。お願いします」





すぐに返事がきた。





私「よく考えて。貴方の人生だから。」




彼「考えてるよ。一緒にいて。」









結局、私も同席して話し合いが行われた。








彼「今度は本気で働くからさ~」







弟「何度目だよその台詞…無駄遣いしてるからだろ?趣味の物売れよ」






彼母親「あれは、大事なものやから売らなくていいんじゃない。今回は助けてあげて」









彼「あれは俺にとって必要なんだ。」












「は?この期におよんでなに言ってんの?」










。。。。キレた。









私がね。。









私「それが人にものを頼む言葉ですか?」






彼に説教し…








甘い言葉をかける彼の母親に一喝し…







私「心入れ換えて頼むべき!弟さんに頭を下げて頼みなさい!甘ったれてんな!」






彼に土下座をさせた。。








彼泣きながら弟さんに謝罪し頼んでいた。







弟「そこまでしなくても…いいよ、使って。」






私「お兄さんはお金の管理ができません。なので私が管理しますがいいですか?」





彼と弟は賛成した。





最初は厳しい事も言っていた弟さん、最後は彼に優しい言葉をかけていた。





まるで私がムチで弟さんがアメ






それでいい。。誰かが厳しくしないと彼は立ち上がれない。






話し合いのあとすぐに職安へ。








いくつか紹介してもらった。








翌日彼は美容室へ行った。







彼の母親は「パーマを伸ばしてもらうだけでいい。丸坊主は辞めときなさい」







私は「丸坊主にするべき。髭もそりなさい。」







話し合いの時にこんなやり取りがあった。







どうするかな~とモスバーガーで彼を待っていた。






彼「終わった!」







目の前に現れた彼は丸坊主!







髭もない。







私「いいやん!似合うよ」








彼「手触りいいよ。スッキリした」








夜、布団に入って話をした。







私「私優しくないよ。キツいし厳しい事も言うよ。そばに置くの辞めといたほうがいいよ。」







彼「かまわない。いてほしい。」










私「後悔するよ。甘やかさないから。」








彼「ちゃんと考えている。そばにいて。」








私「もう、離さないでね。」






彼「うん。」









彼は抱きしめてキスをしてきた…







彼「しよう」







いつもとキスが違う…









エッチも優しく求めるようにしてくれる…









出会った頃のように…








好きや愛してるの言葉はないけど優しさは伝わった…






ありがとう…









だけど…







私の気持ちが…








他の人に向きかけてる…って同時に気づいた。








しっかりと抱きしめていてくれないと…








私はハイスペックにいっちゃうかも。。






最近…







彼との関係が不安定で…










寂しくて…










メンズと食事の約束をしました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。