LIFE.LOVE...

セフレから彼女へ

東京。。。④

彼とダブルベットで一晩。。





寝るときに彼の手を握って眠りについた。





時々彼の寝顔が窓からこぼれる明かりに照らされている…





彼の手を離したくないもどかしさを感じながら朝を迎えた。




少しウトウトしている間に彼が先に目を覚ましていた。




私「おはよー。ぎゅーして。」




彼はぎゅーって抱きしめてくれた。




朝ごはんを彼が買ってきてくれて、部屋でテレビを見ながら食べた。




チェックアウトして、東京駅にいき荷物を預けてまずは高円寺。





彼が大学時代遊んだ場所。音楽に明け暮れた学生生活。




昔話を色々してくれた。





次は下北沢。ここでも彼の音楽話が止まらない。





次は三軒茶屋。ここは彼が暮らしていた街。






アルバイトのお店、アパート、当時の出来事。






時間を越えて彼と同じものを見ている。





この日東京は木枯らし一号が吹いていた。






ずーっと彼の腕にしがみつきながら歩いていた。




知り合いは誰もいない。




彼も腕をギュッとして私がはぐれないようにしてくれた。





信号待ちをしながら彼に問いかけた。





私「ねぇ、地元に帰ったら連絡先消していい?」




自然とわいた言葉だった。




彼はもちろん驚き反対した。





彼「いきなりどうしたの?」




私「なんとなく言ってみた(笑)」





彼と離れたくないのに、もう一人の自分が暴走してる。





彼の胸に時々顔を埋めながら誤魔化していた。





次は彼の母校へ。





建物は新しくなり面影がないと彼は嘆いていた。





でも彼は自分が歩いた通学路を思い出話と共に案内してくれた。





ビール片手に歩いた道、ナンパに失敗した話。





青春を熱く語りながら今は私と一緒に歩いていた。





彼「りんときてよかった。りんがいなかったら、朝イチで帰ってたよ。」





私「そう?デリとか出会い系で一発してから帰るんじゃないの?」






彼「それはあるかも(笑)ウソウソ(笑)」





私は笑いながらどこかむなしさがこみ上げていた。。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。