LIFE.LOVE...

愛してると囁いて

水族館

彼と水族館デートしてきました!



彼は仕事したいと言ってたけど…




前日の夜に「水族館行かない?」ってLINEしたら「いいよ~」って返事がきた。





当日の朝、久々にデートらしい所に行くからメイクも念入りに




服装はカジュアルに。




彼のマンションで待ち合わせ




彼「おはよー」




登場した彼はニットの帽子をかぶっていた…





最近の彼は私と逢うときスタイリングしなくなってきた。




デリヘル未遂の時はしっかりスタイリングしていた。





私「最近スタイリングしないね。」





彼「だって一緒にいても、仕事してるし出掛けないからね~」





たしかにそうだけどね。。。





知り合った頃は、神社~ランチ~ホテルが定番だったし。




今は、マンション~ランチ~Hだもんね。




だーかーら!久々のお出掛けだから、スタイリングしてほしかった。。←愚痴です





水族館に着いたのは昼過ぎだったから、二人ともまずは腹ごしらえ。





定番のラーメン




水族館に向かう途中大道芸人やコスプレイヤーを見ながら話が弾んだ。





水族館の中に入って彼が真っ先に言ったこと。





彼「タバコが吸いたい」





ムードも何もない…まぁそんな彼も彼らしくて好きだけど




彼の一服後にまずはシャチを見に行った。




彼はシャチが好きみたいだった。




ゆったりと泳ぐ姿が可愛かった。





その後も大水槽で泳ぐシャチがいると、今度は座って眺めていた。





彼は緊張したりすると、すぐに笑いに話をかえてくる。




その時も笑い話ばかりしてきていた。





色々な魚を眺めながら、メインのペンギンへ足を進めた。




ここでも彼は腰を掛けてゆっくりとペンギンを眺めていた。




周りに家族連れやカップルが沢山いて密着出来なかったけど。。





水族館を見たあとは寄り道せずにマンションへ。





なぜかと言うと…





旅行前日に彼と喧嘩して、仲直り?のHしてから、彼本当に悪さをしていなかった。




彼「俺、一週間発射してない!」



とわざわざLINEしてきたし、やたらと下ネタを話してきていた。




マンションについて、少し会話をしてから寝室へ




腕枕をしてもらいながら暫し無言…




すると、彼の右手がのびてきた。




私「その右手はどこに行くのかな?」



と言いながら彼の手をつかむと




彼「ん?いやいや。。」




と言いつつ胸をまさぐり始めた。




そしてキスへ。。




久々のキスは脳がクラクラした。




この時点で彼のモノはかなり堅かった。





彼の愛撫で満たしてもらい次ぎは私が満たしてあげる…





彼の上に覆い被さりキスをする




そして首筋から胸へと愛撫する




彼相当溜まってたのか、私の胸から手を離さなかった




彼のモノからはヨダレがたっぷり溢れていた…





口に入れるにはキツイくらい堅くなっていた。




いつもより早く彼は私の中に入ってきた。




何度もイキそうになるのを我慢していた。





私「きて。奥にたっぷりだして。。。」




彼の動きが激しくなり私の中に印を残した。





彼のモノが中でビクッと動くのがわかるほど、私の中は彼のモノを締め付けていた。





彼がティッシュに手をのばしかけた時




私「ティッシュでも口でもいいよ」




って言ったら、彼は私の口元に近づいてくる。




今私の中に入っていた彼のモノを愛しく感じる。




だから、丁寧に綺麗にしてあげる。





その後は賢者タイム…




そしていつものトークタイム。



今夜は彼に満たされたから家に帰るのが怖くなかった。




彼が駐車場で言ってきた言葉





彼「シコシコ先輩に気をつけて。」





私「危なかったら逃げてくるね」





笑いながら話してた。





夕方彼と話していたとき




私「もう、主人限界みたい。。1度くらいやるしかないかな?一応夫婦だし」





彼間髪入れず




彼「そんなことしなくていい。シコらしておけばいい。なんならダッチワイフ渡せばいいよ。」




って言ってきた。




前は「夫婦だしね。仕方ないんじゃない?」と言ってきたのにね。





この変化がちょっと嬉しいです

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。