LIFE.LOVE...

愛してると囁いて

ありがとう

コメントいただきありがとうございます。




お返事できなくてごめんね。。






あの日昼休みも彼からは「帰って来てほしい。戻ってきて!」のLINEの嵐





しまいには「東京旅行から帰って来て俺戻ったでしょ。次はりんの番だよ」って言われた。





東京旅行というのは4月のお母さんと彼が旅行に行った話。




そう、彼が私に別れを告げたあの時…




私「裏で出会い系したくせに。。」




彼に蜂のひと刺し…




彼謝ってた。。




私「浮気を疑うのも疲れた」





彼「今はなにもしてないし、する気もない。これからもしない。」





とにかく必死な彼





彼の留守中に荷物を出そうとしたけど、4月にそれをやられて嫌な気持ちになったからやめた。





彼に別れをちゃんと話して荷物を出すことにした。





残業だった彼。







終わった頃にまた「戻ってきて!」のLINEの嵐






マンションにいることを告げるとすぐに帰宅した彼





彼「帰って来てくれてありがとう」






すぐに私の隣に座ってきた







私は本音をぶつけるつもりで彼に話しかけようとしたら…





彼「俺がんばる!努力する!」






私「無理しなくていいよ。続かないから」






彼「一緒にいたい!」






私「今度は大切な人、手を離したくない人は傍においてあげなくちゃダメだからね。」






彼「大切な人はここにいる。」






彼が真剣な顔して言った





彼がかたくなに拒んでいた趣味の音楽の集まりに私も連れていくとも言ってた。





私が今まで何度連れて行ってとお願いしてもダメだった場所。





彼が突然体を抱き寄せてきた。





びっくりしてると彼が…






彼「おなかすいた。。ご飯かいにいこう」







笑ってしまう。






だけど、これは彼なりのストレスコーピング







この日の夜彼は言った





彼「最後まで出来ないかもしれないけど…しよう」と私を誘った






腕枕をしてキスをして…







やっぱり中折れしてダメだったけど…




毎日残業2時間だもんね。。









彼は必死に私を繋ぎ止めようとしている






そして昨日は体調を崩して早退したみたい。





今朝も私に色々話してきたり、お盆に4年ぶりに兄弟が集まる為の食事会について話してきた。





この食事会は彼が働きだして家長としてもう一度立ち直るためのもの。







時期尚早ではあるけれど…







今の彼には兄弟のバックアップが必要







そのためには、兄弟の妻たちと疎遠になっている彼の関係修復が大切








疎遠になったのは彼が悪い。








彼が昔の彼女に裏切られ、社会的制裁を受けた代償







この社会的制裁を受けなければ、彼は無職にはなっていなかった。







この時は働く必要性を理解していた。








だけど、これがきっかけで彼はなかば引きこもり状態になった。







そして、亡き父の遺産で暮らしていくうちに堕落していった













そんなとき彼の傍にいて彼を導くものは誰もいなかった。








昨年彼を破滅させた元カノが彼に再接近してきたが、身体の関係だけで彼を導かなかった。






きっと見かねた亡き父が息子を想うあまり私を彼に引き合わせたのかもしれない





彼を社会に戻して、家長として返り咲かしていくのが私の役目なのかも。





彼もやっとこの事に気がついたみたい…





私がいなくなることの意味がどういう事か…





私が彼の中で大切な人であると…





彼「黙って出ていくなんてダメ!どこにもいかないで!隣にいて!」




寝言で何度も言ってた。




昨日も今日も彼は飛び起きながらリビングに来て私の姿を確認していた。




お弁当を作りながら私は




「おはよう」




と、彼に言った。







P.S


しばらく彼を観察しようとおもいます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。