LIFE.LOVE...

セフレから彼女へ

ごめんなさい

翌日は一日中気分が沈んでいた。


仕事も効率が悪くなかなか進まない。


夕食の支度をしていつもの日常。


罪悪感と後悔だけが心に残る。


ゲームをしている主人に


「本屋に行ってくる」と告げ外にでる。


本屋の駐車場で彼とのLINEを何度も読み返してみる。


いつも、楽しい内容を書いて誠実な性格が見えてる文章。


出会い系は初めてではない。


いつもドライに付き合ってきた。


だけど今回はなぜか彼に逢いたくなった。



自然と指が動き自分の気持ちを書いていく。


「ごめんなさい。もう一度チャンスをください。迷惑ならばメッセージを削除してください。」







送信

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。