LIFE.LOVE...

愛してると囁いて

認知症とゴミ

今日は彼の実家で弟家族が集まる。





先日からちょこちょこ掃除をした。




昨日は彼も一緒に掃除をした。





お母さんものを捨てない…





包装紙…





梱包材…




パンの留めてるプラスチック…







私にするとゴミにしか見えない…






何年も掃除していないのかな、家具は大量のヤニだらけ!






彼の了解のもと、ゴミ袋へIN!





お母さんには台所掃除を依頼。





お母さんがいるとゴミ袋から出してまた並べ出してしまう…





「これはゴミやないんやで~」





と言いながら…





何度も繰り返していた。





隙を見てゴミ袋へ入れて、ゴミ袋を車にのせた。





大きなゴミ袋4つ。。。





まだゴミはあったけど…





今回はここまで。






ぐったりして、彼と夕方近くの日帰り温泉へ。





そして今日は朝から彼の実家にきた。





予想通り残していたゴミ袋からゴミを出して居間に並べていた、お母さん。





認知症だから仕方ないですね。





認知症だから、いない隙に捨ててしまう私。




戻って来たお母さんは忘れてる。





彼はそれを黙って見つめている。





私「なに?」





彼が「容赦ないな…でも、綺麗になった。ありがとう。」





お昼にはみんなが集まる






驚くだろうなぁ~





さーてと、料理を仕上げてきまーす!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。