LIFE.LOVE...

愛してると囁いて

十字架

今日は彼と初めて逢った日。






あれから一年…






色々あった…






私の人生にこんな物語があるなんて思わなかった。






先日彼の実家で食事会をした夜







「好きです。愛してます。」






やっと聞こえてきた。





タイムリミットギリギリ…






まぁ、なかば強制的な部分もあったけど…






とある事件があって…





彼に一緒にいる自信がないと話した。





彼は泣いてる私を抱き締めながら宥めてくれた





彼「大丈夫だよ。大丈夫だから。」





彼「傍にいて。離れる必要はない。俺に余裕が出てきたら、旅行に行こう。」






頷くしか出来ない…








やっぱり私は彼が好きなんだとわかってる。





だけど…





彼を守るために…





私は彼と離れないといけない…





これが私の十字架なんだ。。。






私「時期はわからないけど、あなたを守るために離れなくちゃいけない…」





彼「なんで?俺を守るって?」





私「理由はまだ話せない」




彼「離れる期間は?」





私「1ヶ月…半年…一年…わからない」




彼「少しなら…」





私「あなたの少しとは?」





彼「数日…でも、嫌だ。傍にいて!」





昨夜も長く腕枕をしながら時々抱き締めてくれていた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。