LIFE.LOVE...

愛してると囁いて

食事会(彼の実家編)

そういえば…





先日の彼の実家での食事会の事書きそびれた…





この夏彼が家長として弟家族を集めた。




掃除、料理、片付け全て私。




彼も手伝ってくれた←当たり前だけど(秘)





当日料理のセッティングをして、弟達家族が来るのを待っていた。




彼母「えらいごちそうやわぁ~何があるの?」





私「弟達家族が来るんですよ~」




朝から何度同じ事を言ったか。。。




予定時刻5分前に次男家族





挨拶をさせていただいた。





三男家族…





あれ?こない?





15分…





20分遅れて到着…





三男「あっ。飯食べてきた…話だけかと思った。」



(話だけ?お昼の12時に集まるのに、そんなわけないでしょ~バカなのか←心の声)






皆無言…




凍りつくような空気…




仕方ない…




ここは私が…





私「貴方がちゃんと連絡しないから~(笑)適当につまむだけでも構いませんから召し上がってくださいな」




三男「あっ。すみません。いただきますね」




三男嫁「…」




理由は知らないけれど、私は三男の嫁に牽制されていた。



終始視線は避ける!会話をしてくれない!




まぁ、考えるなら…




三男嫁と彼は犬猿の仲(過去に彼が社会的制裁を受けた時に、三男嫁の親は彼を叱責し土下座をさせたそう。それ以来、彼に威圧的態度を取ってくるらしい。)








三男嫁が彼をみるとき、汚いものを見るように見ていた。。



(仮にも貴女の旦那様の兄をそのような目付きで見てはいけませんよ!って言いたいぐらいにね)




だから、私も嫌われていたのか?




彼女以外は皆優しく接してくれていた。




飲み物の追加を取りに行ったり、汚れたお皿を替えたりしていたのは私。




私はこの家の嫁じゃないよ?←(心の声)




次男の嫁はまだ子供が小さくて動けないのでわかる。




三男の嫁、お母さん…




全く動かない…




少しは動けよ…←(心の声)





ちなみに三男嫁は私よりも年上です。。。

(まぁ、嫁歴は私の方が長いから仕方ないかぁ←謎の上から目線(笑))






彼「いいよ。ビール取ってくるよ」




私「貴方は気にせず呑んでて~これは女がする事だからね❤」






甲斐甲斐しく動く私(←いい女アピール(笑))






彼らが呑むビールの缶の音に注意を払い。。






「コツン」って軽い音がしたらすかさず新しいのと交換





食べてる気がしない…






宴の片付けも私が一人でしていた。







残った料理で食べたい物を詰めている嫁達







私「残ってもお母さんだけでは食べきれないから、良かったらどうぞ♪」






嫁達「はーい♪」






三男嫁が「子供ちゃんは何が好き?」等といいながら詰めている姿が…以下自粛(笑)





料理はほぼお持ち帰りしていただけた。






数々の食器を洗っている間に弟達家族は帰った。








普通はその家の嫁達がしないか?




もしくは一言あってもよくない?




お母さんは道にまででて弟達家族を見送っていた。





私が古いのかな…





彼だけは玄関まで家族を見送ってすぐに私の横に来てくれた。






彼「色々ありがとう。俺だけではできなかった。りんがいてくれて色々してくれたから上手くいったよ。」





ピタリと身体をくっつけて話す彼






それだけでやさぐれかけた気持ちは癒された。





いい感じの雰囲気になり、キスしちゃう?的な二人の所にKYなお母さんがきた。。






彼母「うちは本家に呼ばれても、食べて帰る事しかしないから、もてなすことがわからへんわぁ。。ようしてくれてありがたい。なんでも器用にできるなぁ、本家筋の生まれか?」




私「違いますよ~友達とホームパーティーとかよくするからできるだけですよ(笑)でも、これからは毎年彼が本家の家長として集まりがあるからやらなくてはいけませんよ。」






彼母「うちが本家になるんやなぁ。。そんなこと思わんかったわぁ。。」




また、会話がループしかけたところで彼にお母さんと居間に行くよう話した。





キッチンをきれいにしてゴミをまとめて彼の横に座った。





彼「ありがとう。疲れた?マンションに帰ろうか?」





私「うん」





彼とマンションに戻ってすぐにゴロゴロ







ご褒美のキスを堪能して






彼の腕枕で夢の中へ❤

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。