LIFE.LOVE...

セフレから彼女へ

虐めてみた

17回目のデートは車で5時間かけて目指したとある神社。



以前神社を調べて目をつけていた場所。




偶然にも今回彼に行き先をお任せしたら選んでくれた場所でした♪






この日の朝、私は彼にあるトラップをしかけた。




彼「あのさー東京で俺がライブ中どうするの?」





私「うん。友達に逢ってる。」




彼「そうなんや。なるほど」





私「うん。でも初めて会うから超緊張する~。」




彼「えっ?初めて?」




私「うん。ネットで知り合った人。」





彼「そっか。約束は何処で?」




私「新橋駅だよ~。緊張するけど楽しみ♪」




彼いつもグラサンなのでいまいち反応わからなかった。。




だけどそのあとしばらく沈黙…




目的地まであと15kmとなった時に彼の携帯に着信。





電話の主はお母さん





外で電話を終えた彼はちょいイライラ。




彼「また帰ってこれるかって。弟が来てるらしい。あいつにも昨日りんの話をして、今日会う話しているのに。。まぁ戻らないけど。」




私の事?ん?何て話したんだろう?





ヘタレな私はまたまた聞けず。。




1人モヤモヤ。。。





そして目的地近くまで来た時に、ピンポイントでつけず。。。




携帯のGoogleマップで私がナビの続きをした。





彼「あっ。りん。」




彼が名前を言って指差した先には、私と同じ名前のお店(笑)




二人でケラケラ笑ってた。




しばらく走って広場に車を停めて、道を再確認。





私「あー、さっき私の名前のお店の反対側に道があってそこ曲がらなきゃ~」





彼「本当に?じゃあ戻ろうか。」





お店の反対を見たら道があり、そこにひっそりと看板が。。。





彼「本当だ。あったよ~」




私「気づかなかったね~てか、私の名前のお店で二人とも笑ってたし」





こんなやり取りがすごく幸せに思える。






大黒様と恵比寿様。





とても心地の良い場所。









地元に戻りいつものホテル。




彼「あっ。リングゲージ来てたよ。忘れてきた。」





私「えー!早くほしいのに。。。」





彼「今度持ってくるから(笑)」





私「ぷー」





そんな時、彼のLINEに弟君からメッセージ




彼が今現在家族で起きてるトラブルを話してくれた。





明らかに他人に話すべき内容ではない事。





だけど彼は私を「信頼している」と思ってくれているから、話してくれるのだろう。





私はただ笑顔を絶さず聞き役をする。






そして、また朝の話が…




彼「会う人とはどこ行くの?」




私「ん?いきなり話変わるね(笑)ごはんかなぁ?」




彼「他には?」




私「わかんない。そんな時気分で変わるやん!」





彼「まぁーね。どんな人?」




私「メッセで最近やり取りしてるけど、面白くて優しいよ~♪」




彼「えっ?そんなにやり取りしてるの?」




ちょっと意外な表情を出してきた。




私「うん。なんで?」




彼「いや。うん。」




タバコを吸う手が止まってますよ。




虐めるのもその辺にするかぁ…




私「ねぇ。男だと思ってる?」




彼「うん!違うの?」




私「女性だよ~!決まってるやん!あーネットと言ったから?ブログ繋がりだよ~(笑)」




彼「あっ、ブログね。そっかそっか。女性なんだぁ~」







笑顔でタバコ吸いだした。




私の事が気になるから、この反応するのかな?




決して言葉で表現はされないから、私の中で勝手な変換しちゃうんですけど…





そして服を脱ぎ始める彼。






そして本日も途中で出来ず。




でも、彼には気持ちよくなって欲しいから、口と手で奉仕…




彼の我慢汁が美味しく感じるのはなぜだろう?





彼「あっ。いく。。」





この日は横に避けたけど、彼のが勢いよく飛んで私の背中と肩にべったり。。。






私「いやー!ちょっとー!きゃー!」



ベッドを手で叩いてギャーギャー言っても…




彼「なに?」




悪びれた様子なし。。




これは一日彼を虐めた罰なのかしら…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。