LIFE.LOVE...

愛してると囁いて

おもてなし

翌日彼のマンションに仕事関係の方が東京から打ち合わせに来られるために、朝から色々と買い出しをしていた。



なんせ、スリッパすらないから買わなくては。。




食器や食材…




彼はホテルのラウンジ辺りで済ませるつもりだったようだけどね。。




顔を会わせるのが初めてで、到着予定がお昼だから食事も必要だと彼を諭した…




二人で食器等を買いに歩き、お寿司のオーダーをして周りから見れば夫婦みたい(笑)




夕方からは彼は翌日の資料整理で実家へ帰っていった。




私は料理の仕込みをして、22時に帰宅した。







当日の朝8時からマンションへ。




もう一度掃除をして落ち度がないか確認。



そのうち彼も来た。




久々に髪型をセットしていた。久々にキュンとした。





時間もあるので近所の神社へお詣り。




その帰り道、キーホルダーについて触れてみた。



私「あれ?リラックマは?」




彼「ハロウィン終わったからはずした。」




私「女の子乗せたんじゃない?」




彼「そんなわけないよ。乗せてない。」




私「あやしい。。。」




彼「乗せてない。乗せてたら、りんの膝掛け置いて置けないじゃん!」




必死ですね…




彼「クリスマスバージョンは?」




私「ない。」




彼「今度買いに行こうよ!」



私「うん。。」




マンションに戻り、一服して彼は最寄りの駅までお迎え。




私は、お寿司を取りに行き料理作り。




彼「ただいまー!」




彼とお客様がマンションへ。




料理とお酒を並べて私は隣室へ。




男同士で話しながら食事をして親睦を深めて欲しいから。




男同士の会話はかなり弾んでいた。






彼「りん、食事すんだよ。。」





テーブルの上を片付けて、お茶を出してまた隣室へ。




打ち合わせは大成功だった!




お客様も満足していただけて良かった。





私が事前に用意したお土産のお酒を嬉しそうに手にしながら帰って行った。





このお客様は帰りの車で突然

「僕人妻好きなんです!いいですよね!」



と言ったらしい。




彼「あいつ溜まってるのかな?どこから人妻出てきたんだ?」





貴方の目の前にいるのが人妻です。




貴方とのペアリングを左手薬指にいつもつけているでしょ。




きっとお客様はこの指輪を見て言ったんでしょ。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。