LIFE.LOVE...

愛してると囁いて

迷路

前回の続き。




仕事をしながら色々考えていた。




別れ方を…




仕事から帰宅した私を彼は泣きそうな顔で待っていた。





彼「この先どうしたらいい?もう死にたい…」





私「死ねば。でも、他人に迷惑かける死に方はやめてね。」




彼「助けて。どうしたらいい?」




震えながら寄ってくる彼




しばらく布団の中で腕枕をしながら背中をポンポン




私はお母さんか??




私「弟に話すだけ話したら?」




彼は弟に電話をした。




弟の返事はNO!





だよね。それでいい。





しばらく会話を隣で聞いていたら私の名前が出てきた。






どうやら、私にならお金を渡してくれるとのこと。





そして、私が完済に向けて振り分けて、今後の収支は私がするのが条件





彼はお願いと懇願してきて…




結局彼の借金は完済できた。




そのかわり、彼のコレクション(音楽、靴)を全部売り払った。




彼のコレクションがなくなったマンションは閑散としていた。




それを見ていた彼が…





彼「家具も売り払って、マンションもひき払って実家に帰る」




私「私は?」




彼「実家においでよ」




私「嫌です。3人で住むのは嫌。貴方が戻るなら関係は終わりね。」




彼の実家はゴミ屋敷…無理だよ。。




それにお母さんは、私が彼をお母さんから奪ったと思い敵視されてるからね。





彼「じゃあこのまま生活しよう。」




だけど。。。





このあと彼が隠れてタバコを吸っていたことが発覚。




喧嘩した…




大喧嘩……




彼「もう無理!終わりにしよう!」




あっさり手を離された







だけど一言伝えた







私「なに?困ったら頼るだけ頼って。テメーのけつぐらい拭けないくせに。借金が片付いたから用済みですか?倫理的にどうかなと思いませんか?そんな調子でいけばこの先手を差し伸べてくれる人はおろか、周りに誰もいないから。」





一言ではなかった…





タバコは彼の健康と経済面を考慮して話していた。





彼「もう、音楽売ったし楽しみがない。本数減らすからタバコ吸わせて。」





結局別れない話で決まったみたい。






彼が一番わからなくてはいけない。





私にどれだけ頼っているのか。




最近では、ご飯を食べるときに箸を渡さないと食べないくらい甘えてる。




困った変態だ。







私はどこまで彼を好きなのかわからなくなってきた

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。